HDLコレステロールと善玉コレステロール

悪玉と言われるLDLコレステロールに対して、善玉と言われるHDLコレステロールの働きと低HDLコレステロール血症について解説します。HDLコレステロールが低いと問題があるのか!?
コレステロール&中性脂肪を下げよう!
コレステロール研究室TOP | 基礎知識 | 高脂血症の恐怖 | サプリメントで下げる | 食品で下げる | 研究室

コレステロール研究室 > 基礎知識 > HDLコレステロールと善玉コレステロール

HDLコレステロールと善玉コレステロール

コレステロールに関連するキーワードとしてよく聞く、善玉&悪玉コレステロールという単語。
LDLコレステロールと悪玉コレステロール」では、悪玉と呼ばれてしまうLDLコレステロールについて書きましたが、続いて善玉コレステロールと呼ばれるHDLコレステロールについて解説します。

HDLコレステロール・善玉コレステロールとは?

身体の各部にコレステロールを運ぶ働きをしているのがLDLコレステロール、そしてその逆の働き、つまり体の中で不要なコレステロールを回収する働きをしているのがHDLコレステロールです。

HDLコレステロールは、不要なコレステロールを回収するだけでなく、血管壁に付着したコレステロールも回収します。
動脈硬化を引き起こす余分なコレステロールを取り去ってくれるため、「善玉コレステロール」と呼ばれています。

低HDLコレステロール血症とは?

HDLコレステロールが十分に生成されている場合は、コレステロールが動脈に付着したままになることはありません。
つまりHDLコレステロールは高い分にはそれほど問題なく、低い場合に「低HDLコレステロール血症」と呼ばれ、注意が必要です。

このため、HDLコレステロールには下限の基準値が設定されていて、40mg/dl以下が低HDLコレステロール血症とされています。

HDLコレステロールが高いと問題ありますか?

HDLコレステロールは体の中の余ったコレステロールを回収している状態ですから、HDLコレステロールが高いからといって問題にはならないというのが一般的な見方です。
(高HDL血症とかはありませんw)

では、高ければ高いほど良いのかと言えばそうではないらしく、HDLコレステロールが100mg/dlを越えるような場合は、HDLコレステロールの処理がうまく行かなくなり、血液中に余分なコレステロールが滞留してしまっている可能性も考えられるとの意見もあり、あまりにも高すぎる場合にも注意が必要です。

コメントを投稿

このページに関する感想・追加情報等をコメントとして追記することが可能です
なお、コメントを表示する前にこのサイト管理人の承認が必要です。承認されるまではコメントは表示されないのでしばらくお待ちください。










since 2007/1/10 Copyright (C) コレステロール&中性脂肪. All Rights Reserved