LDLコレステロールと悪玉コレステロール

体に必要な機能なのに、LDLコレステロールは「悪玉コレステロール」と呼ばれています。その仕組みとLDL悪玉コレステロールの関係について。
コレステロール&中性脂肪を下げよう!
コレステロール研究室TOP | 基礎知識 | 高脂血症の恐怖 | サプリメントで下げる | 食品で下げる | 研究室

コレステロール研究室 > 基礎知識 > LDLコレステロールと悪玉コレステロール

LDLコレステロールと悪玉コレステロール

コレステロールとは?」にも書いたとおり、コレステロールは我々の体を維持する上でとっても重要な役割を担っています。
にもかかわらず、健康診断などでコレステロールが悪玉扱いされるのは何故でしょうか?

LDLコレステロールと悪玉コレステロールとは?

LDLコレステロール・HDLコレステロール、善玉コレステロール・悪玉コレステロールという呼び方を聞いたことがあると思いますが、これはコレステロール自体の種類ではありません。

コレステロールは血液中を運ばれるときに、リポタンパクと呼ばれる粒子となって運ばれますが、善玉コレステロールとか悪玉コレステロールというのはこのときのそれぞれの働き方を表した言葉なのです。

たとえば悪玉コレステロールと呼ばれるのがLDLコレステロールです。
LDLコレステロールは、主にコレステロールを運ぶ際の状態で、LDLコレステロールが悪玉というわけではありません。

LDLはコレステロールを身体の各部に運びますが、このときに余ってしまった余分なコレステロールはそのまま血液中に止まり、その後血管内壁に入り込んでしまいます。
血管内壁に入り込んだLDLコレステロールはやがて酸化し、それが動脈硬化へと進行していきます。

本来必要な機能であるLDLコレステロールが、「悪玉コレステロール」と呼ばれてしまうのはこのためです。

LDLコレステロールが高いと?

LDLコレステロールの基準値は、140mg/dlが要治療域と言われています。
(LDLコレステロール139mg/dl以下が正常値です)

LDLコレステロールが高いと、先ほど書いたように血管内壁に余分なコレステロールが入り込み酸化することで動脈硬化に繋がるので注意が必要です。

LDLコレステロールの計算式

さて、総コレステロールが高い場合など特に注意が必要なLDLコレステロールですが、健康診断の検査項目によっては測定されない場合があります。

そこで、近似的にLDLコレステロールを求める計算式がありますので紹介しておこうと思います。

LDLコレステロール=総コレステロール−HDLコレステロール−(トリグリセライド÷5)

上記の計算式の結果が140mg/dl以上の場合注意が必要ということですね〜

コメントを投稿

このページに関する感想・追加情報等をコメントとして追記することが可能です
なお、コメントを表示する前にこのサイト管理人の承認が必要です。承認されるまではコメントは表示されないのでしばらくお待ちください。










since 2007/1/10 Copyright (C) コレステロール&中性脂肪. All Rights Reserved