コレステロールとは?

コレステロールとは、人間や動物の体の中だけにある脂質で純粋なものは外見が固まりかかった”ロウ”のような自くてやわらかい軽い結晶です。このコレステロールは、血液中以外にも体内に広く分布しており、通常、成人の体内には100〜150g位のコレステロールがあります。
コレステロール&中性脂肪を下げよう!
コレステロール研究室TOP | 基礎知識 | 高脂血症の恐怖 | サプリメントで下げる | 食品で下げる | 研究室

コレステロール研究室 > 基礎知識 > コレステロールとは?

コレステロールとは?

コレステロールとは、人間や動物の体の中だけにある脂質で純粋なものは外見が固まりかかった”ロウ”のような自くてやわらかい軽い結晶です。

このコレステロールは、血液中以外にも体内に広く分布しており、通常、成人の体内には100〜150g位のコレステロールがあります。
このうち血液中には10gくらいが含まれており、その約半分が血球に、残りの半分が血清に入っています。

コレステロールの役割

コレステロールは高脂血症の原因にもなりますが、本当は我々が生きていく上でとても重要な物質で以下の3つの役割を担っています。

細胞膜の構成成分になる
我々の体はたくさんの細胞が集まってできていますが、コレステロールはこの細胞の膜を構成する材料となっています。
このため、構成成分であるコレステロールが不足すると、細胞膜が弱くなりウィルスや化学物質に対する抵抗が弱くなると考えられます。

ホルモンの材料になる
コレステロールは、副腎皮質ホルモンや性ホルモンの材料にもなります。
副腎皮質ホルモンはタンパク質や糖の代謝に関わったり炎症をコントロールしたりするホルモン、性ホルモンは男性ホルモンやのことで、これらが無くなると男性らしさや女性らしさが失われ生殖能力にも影響します。

胆汁酸の材料になる
胆汁酸とは消化液の一つである胆汁の主成分で、コレステロールを原料として作られます。
胆汁は十二指腸で脂肪の消化吸収に使われますが、この役目を終えた胆汁酸の大部分は小腸で吸収されて肝臓に戻ります。
このとき吸収されなかった胆汁酸の一部は便と共に体外に排出され、排出されて減少した部分を補うために血液中のコレステロールが使われます。

コレステロールはどこから来るのか?

コレステロールは、これら様々な要因で減少するので、1日あたり1000〜2000mgは補充しなければなりません。
この不足分のコレステロールは、食事によって体内に取り入れる他、体内の様々な臓器でも合成されています

体内で構成するコレステロールと食事から取り入れるコレステロールの割合は、7:3位で、実は食事によって補給される量は全体量の30%に過ぎません。
つまり、体の中にあるコレステロールの大半は体内で合成されたものなのです。

健康な人であれば、これらの全体量がバランス良くなるように調整されており、食事からの供給量が増えれば体内での合成量が減る仕組みになっています。

コメントを投稿

このページに関する感想・追加情報等をコメントとして追記することが可能です
なお、コメントを表示する前にこのサイト管理人の承認が必要です。承認されるまではコメントは表示されないのでしばらくお待ちください。










since 2007/1/10 Copyright (C) コレステロール&中性脂肪. All Rights Reserved