柿の葉茶(ビタミンC&タンニン)

昔から高血圧の民間薬として使われてきた柿の葉茶にはLDLコレステロールを排泄し血圧を下げる効能があります。
コレステロール&中性脂肪を下げよう!
コレステロール研究室TOP | 基礎知識 | 高脂血症の恐怖 | サプリメントで下げる | 食品で下げる | 研究室

コレステロール研究室 > 食品で下げる > 柿の葉茶(ビタミンC&タンニン)

柿の葉茶(ビタミンC&タンニン)

柿の葉茶にはビタミンCとタンニンが豊富で、LDLコレステロールを排泄し血圧を下げる効能があります。
このため柿の葉茶は、昔から高血圧の民間薬として使われてきました。

柿の葉には、ビタミンCの前駆物質であるプロビタミンCが100g中100mgも含まれています。
プロビタミンCは加熱に強く、体内に入るとビタミンCに変わる物質で、プロビタミンCが変化して出来たビタミンCにはLDLコレステロールを減らし血管を丈夫にして動脈硬化を防ぐ効能があります。

また、柿の葉茶にはポリフェノールの一種であるタンニンが多く含まれています。
タンニンにはLDLコレステロールと結合して体外に排泄させる効能がある他、血圧の降下といった効能もあるようです。

柿の葉茶の作り方

柿の葉茶は市販で安くて良いものがたくさんありますが、家庭で作ることも可能です

材料となる柿の葉は、春から初夏にかけての若葉を使います。
また、甘柿より渋柿の方がプロビタミンCをたくさん含んでいるそうです。

  • よく洗った若葉を蒸し器で2分ほど蒸す
  • うちわなどを使って急速に冷ます
  • 細かく刻む
  • 両手でキツク絞って灰汁を抜く
  • 陰干しする

これで完成です。
できあがった柿の葉茶は湿気に弱いので、除湿剤と一緒に缶などに入れて保管し、大さじ1杯を一人分の目安に使ってください。

お奨め柿の葉茶

自分でこだわって作るのも良いですが、市販品にも安くて良いものがたくさん発売されています。
小分けにされているものなら保存状態も安心ですから、上手に利用したいところですね。

→評価の高い柿の葉茶を探す

コメントを投稿

このページに関する感想・追加情報等をコメントとして追記することが可能です
なお、コメントを表示する前にこのサイト管理人の承認が必要です。承認されるまではコメントは表示されないのでしばらくお待ちください。










since 2007/1/10 Copyright (C) コレステロール&中性脂肪. All Rights Reserved