ウコン(うこん)

ウコン(うこん)の主成分であるクルクミンのもつ抗酸化作用と胆汁酸分泌作用がコレステロールを減らします。
コレステロール&中性脂肪を下げよう!
コレステロール研究室TOP | 基礎知識 | 高脂血症の恐怖 | サプリメントで下げる | 食品で下げる | 研究室

コレステロール研究室 > サプリメントで下げる > ウコン(うこん)

ウコン(うこん)

ウコン(うこん)の主成分であるクルクミンのもつ抗酸化作用と胆汁酸分泌作用がコレステロールを減らします。

ウコンは沖縄の特産品として有名で、特に二日酔い予防や胃のむかつきに即効性があるので、管理人も飲み会の前にウコンドリンクを愛飲しています(笑)
ウコンにはアルコールの分解を促進させる働きがあるので二日酔いの防止に効果的だからです♪

ウコンの主成分であるクルクミンには多くの効能があり、主なものとしては、抗酸化作用と胆汁酸の分泌を促す作用があります。
そしてこの二つが高コレステロール血症に有効なのです。

まず、抗酸化作用がLDLコレステロールの酸化を防ぐので動脈硬化の元になる過酸化脂質を作りません。
また、胆汁酸が活発に分泌されると原料であるコレステロールの消費が進むため、結果的に血液中のコレステロールが下がることになります。

ウコンの選び方

ウコンは、インド・インドネシア・中国南部など広い地域で栽培されており多くの種類が販売されています。

日本では、春ウコン(キョウオウ)・秋ウコン(ウコン)・紫ウコン(ガジュツ)が一般的ですが、中でもクルクミンの含有量が最も多い秋ウコンが多く出回っています。

ウコンの飲み方としては、生のウコンをすり下ろしてそのままでも飲めるのですが、苦みが強く継続的に毎日飲むのはちょっと辛いものがあります。

そこで、健康食品として、錠剤・粉末・お茶・ドリンク剤などが市販されているので、自分にとって飲みやすいタイプを選ぶと良いと思います。

それぞれの種類によって効能の差はそれほど無いということなので、研究開発にキチンと費用をかけて開発されているものを選択すれば問題ありません。

お奨めウコン(うこん)♪

キチンとしたメーカーの製品なら多くは遜色ないと思いますが、個人的には飲みやすいドリンクタイプがお奨めです。
特に、管理人愛飲の発酵ウコンドリンクは効果を上げるために発酵させたウコンをさらに濃縮して、ドリンクにしたものなので効果にも大満足です。

【発酵ウコンドリンクGOLD】 発酵ウコン茶40杯分がこの一本に!二日酔いしらずで次の日スッキリ!発酵ウコン茶40杯分の濃縮パワーがこれ一本に!
飲み会必須アイテムです!

お酒を飲む前に、飲まれた後に1本飲むだけで次の日がとても楽です。
酒飲み管理人もこの効果には驚きました!

DHCのウコンDHCのウコンはリーズナブルな価格が魅力です。
まずは錠剤のウコンを試してみたい方にはピッタリだと思います。

icon
コメントを投稿

このページに関する感想・追加情報等をコメントとして追記することが可能です
なお、コメントを表示する前にこのサイト管理人の承認が必要です。承認されるまではコメントは表示されないのでしばらくお待ちください。










since 2007/1/10 Copyright (C) コレステロール&中性脂肪. All Rights Reserved