コレステロールと食物繊維

コレステロールを下げる方法として、まず食物繊維に注目しました。食物繊維がコレステロールを下げる仕組みと働きについて解説します
コレステロール&中性脂肪を下げよう!
コレステロール研究室TOP | 基礎知識 | 高脂血症の恐怖 | サプリメントで下げる | 食品で下げる | 研究室

コレステロール研究室 > 研究室 > コレステロールと食物繊維

コレステロールと食物繊維

総コレステロール値が高くて、ほっておいたらヤバイ気がしてきたので対策することにしました(笑)
そこで一番最初に注目したのが食物繊維です。

コレステロールを下げるには?

コレステロールは大きく分けて、食品から摂取するものと体内で合成されるものの2種類があります。それぞれの割合は、食品:体内=3:7位となっていて、そのほとんどが体内で合成されたものです。

コレステロールを下げるためには、入る量を減らすか出る量を増やすかするしかありません。
しかし、食品からとるコレステロールが総コレステロールの3割くらいしかないのでは、ちょっとやそっと食べる量を削減したところで、ほとんど影響がありません(T T)

そこで、出る量を増やすのが有効ではないかと♪
入る量がが変わらず出る量が増えれば、当然コレステロール値が下がりますから〜

そこで、一番最初に注目したのが食物繊維です。

今回利用する食物繊維「イサゴール」は、コレステロール値を下げる効果が科学的に立証された特定保険用食品です。
きちんとした臨床試験で効果を確認されているというのが心強いですね〜

食物繊維がコレステロールを下げるワケ

食物繊維をとるとなぜコレステロール値が下がるのでしょうか?
詳しくは「食物繊維」に書きましたが、食物繊維の働きは以下の通りです。

  • 食品に含まれる余分な脂肪分を絡めて排出
  • 腸内で胆汁酸を絡めて排出

胆汁酸はコレステロールを原料に肝臓で合成されるので、食物繊維によって古い胆汁酸が排出されれば、コレステロールを使って新しい胆汁酸が作られ、相対的にコレステロール値が下がるということです。

次回は、実際にイサゴールを飲んでみます!

コメントを投稿

このページに関する感想・追加情報等をコメントとして追記することが可能です
なお、コメントを表示する前にこのサイト管理人の承認が必要です。承認されるまではコメントは表示されないのでしばらくお待ちください。










since 2007/1/10 Copyright (C) コレステロール&中性脂肪. All Rights Reserved